もし、モラハラの解決が可能だとわかっても、あなたは離婚を選びますか?


はじめまして。
私はモラハラ専門相談店.com、鈴木邦昭と申します。

このサイトは、離婚を望む方。縁を切るという解決策を望まれる方には、まったく無意味なものになります。

なぜならば、根本的な解決が可能な問題だからです。そしてこのサイトでは、モラハラ加害者を治すアプローチをご紹介しているからです。また、事実、私の著書でご紹介したアプローチで、すでに数百名を超える方々がモラハラを解決し穏やかな家庭をとり戻されています。(※ 個人差はあります)


お客様に教えられました!


実は、私はモラハラという言葉を知ったのは2011年の4月のことでした。当時、ご主人のことで悩んでいたある主婦から相談をいただいており、それが私が紹介したアプローチで無事解決をしました。そのとき、この主婦から次のようなお叱りの言葉をいただいたのです。

「鈴木先生、本当にありがとうございました。主人は本当に別人のようです。ですが、なぜ、こんなことができるのに、先生はそれを世間に紹介しないのですか?インターネットのHPでもいいから紹介してくれていれば、私のようにモラルハラスメントで悩む主婦がどれだけ救われることか…」

「えっ、モラルハラスメントってなんですか?こんな解決の手段、どこにでもあるんじゃないのですか?」

漢方や分子栄養学、心理学などを駆使してお客様の相談にお答えしています!


精神疾患から不登校。そしてモラハラな父!


s_auto-OHjCXu_2 (1)

私は20数年前より、うつ病や統合失調症、パニック障害など精神疾患専門で漢方相談をいただいていました。そしてそんな実績から、いつの間にか「不登校」のご相談をいただくようになり、またその実績から「不登校」の実用書が出版されました。

想像ができると思いますが、不登校では家庭内暴力や非行など、荒れている子供たちが少なからずいます。そんな子供たちが明るく元気になり、登校するようになっていく…。そんな姿を目の当たりにしたお母さん方から、次のような相談をいただくようになりました。

「主人の暴言や不機嫌な態度もなんとかなりますか?」

暴言や暴力に、子供も大人もありません。ですから、このような相談も問題なく解決していました。そして私にできることですから、同じような解決策を提示している人など山のようにいると思っていました。しかし、彼女の言った通り、専門家たちの意見は私とは真逆のものでした。

「唯一の解決策は縁を切る(離婚)こと!」

「加害者は人格障害者!」

このときの驚きを、私はどう表現したらいいのかわかりません。ですが、モラハラ関連の本を何冊か読んで、専門家たちがなぜ?「治らない!」と断じているのか、その理由はすぐにわかりました。


畑違い


専門とする分野・領域が異なることを「畑違い」と言います。例えば、骨折は外科が専門で、眼科医などは畑違いです。また、外科医はメスを使いますが、畑仕事で使うクワやカマでは手術はできません。ましてや、どんなにすご腕の外科医でも、患者さんがこなければその腕を振るうことはできません。

モラハラも同じです。そもそも、モラハラ加害者が自ら積極的に治療することはありません。ならば、専門家による「投薬」という手立ては役に立ちません。カウンセリングなどならなおさらです。

つまり、専門家と称される方々は、加害者を治療どころかほとんど接したこともありません。つまり、畑違いなのです。なのに…

加害者とほとんど関わった経験もないのに、専門家と称する方々は「モラハラは治らない!」と口をそろえている

私たち素人は、そんな人を専門家と信じているし、その結論を鵜呑みにしている

おかしな話だと思うのですが、それは私だけでしょうか?


悲劇!


例えば、車の調子が悪くて自動車店に行ったとき、遠目から「あ~、これダメだね。エンジンがいっちゃっているよ!」そう言われたらどう感じるでしょうか。「しっかり見てから言ってよ!」そう思われるでしょうし、そんな態度の自動車店など二度と利用することなどないでしょう。

モラハラも同じではないでしょうか?

繰り返しますが、専門家と称される方々はモラハラ加害者と接することもないのに「治ることはない!」と断じています。また、そんな言葉を私たちは鵜呑みにしている…。

本来なら「主人(加害者)に会ってもいないのになぜわかるんですか?」そう、疑問をもつはずです。そしてもし、あなたがそう思わないなら…、あなたも今日から立派なモラハラの専門家です。なぜなら、「治らない!」そう言っていればいいのですから。

そこで、私の結論を改めて申し上げましょう。

素人の私たちは専門家と称される方が「畑違い」だと気づいていない。さらに、専門家もまた、自らが「畑違い」であることを自覚していない

専門家と称される方々に悪気はありません。彼らは心から「モラハラは治らない!」と信じているようです。そして私たちもまた、その言葉を信じている。

これが、モラハラ問題の最大の悲劇です。


本を書きました!


問題解決にお役立ていただければ幸いです!

以上のような結論から、私はモラハラ被害者の方のお役に立てると確信しました。

私はすでにこのとき商業出版の経験がありましたから、急いで本を書き、幸いなことにすぐに出版も決まり2012年の著書''「モラハラ&DV夫の怒り・イライラを消す方法!」が出版されました。

しかし、幸か不幸か昨今、有名芸能人のモラハラによる離婚問題などがワイドショーで面白おかしく取り上げられ、私の経験とは真逆の「治らない!」という認識がさらに加速してしまったようです。

「鈴木先生の考えを、私と同じモラハラで悩んでいる人のために…」

s_IMG_1517 (1)

著書の出版により、私はさらに多くの経験を積むことができました。また、芸能人のモラハラ問題で私はあらためて彼女の言葉を思いだし、おひとりでも多くの方々に「モラハラの解決が可能だ!」という事実を知ってほしいと強く思いました。

そこで、モラハラ解決にお役立ていただこうと、あらためて小冊子を書きました。この小冊子をお読みになると次のことが理解できます。

モラハラの原因:加害者は「自己愛性人格障害者ではない」ことがわかります。

モラハラ解決に必要なことモラハラの原因がわかるからこそ、この事実が理解できます。

モラハラ解決のアプローチなにをどうすればいいのか?具体的な行動がわかります。

さらに、

お客様からいただいた直筆のお便り(モラハラ解決の)もご紹介しています。

※ お名前や住所は必要ありません。完全無料でお申込みいただけます。。


◆ 強調しておきたいこと!


小冊子ご利用にあたり、強調しておきたいことがあります。

この小冊子でご紹介している「モラハラ解決のアプローチ」は、多少の温度差はありますが…

心理学のようなテクニックは必要ありません。

したがって、

どんなご家庭でもすぐに取り組むことができます。

ですから、私を詐欺師呼ばわりする方々が少なくありませんが、詐欺師で結構。騙されて行動してみて、その結果を観察してください。私が「嘘つき」ではないことがお解りいただけると思います。また、きっと驚かれると思います。

なお、この小冊子は送料もふくめて無料でご請求いただけますが、「なぜ、無料なのか?」と心配されるかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、その理由もごく簡単なもの。

この小冊子をご請求になられた方々の10人に1人くらいは、以下でご紹介するような当社のサービスなどにご興味をもっていただけると考えました。また、前述しましたが、私は二冊の本が商業出版されていますので、毎日のように全国からさまざまなこころの問題についてお問い合わせをいただいております。

ですから、小冊子を請求したからといってしつこい営業をすることももありません。安心してお申し込みください。

※ お名前や住所は必要ありません。完全無料でお申込みいただけます。


◆ 相談カウンセリングもお役立てください。


鈴木に直接相談したいという方向けに、随時、ご相談を承っております。こちらは完全予約制で有料となっておりますが、このサイトからお申込みの方限定で30分16,200円(税込)を5,400円でご予約いただけます。


◆ では、著者・鈴木邦昭とは?


auto-EkzoF6 (2)

1964年・静岡県生まれ

四方を山に囲まれた人口1万人足らずという立地ながら、うつ病や統合失調症、DV(家庭内暴力)、モラルハラスメント、不登校、発達障害、アルコール依存症、買い物依存症、ギャンブル依存症など、全国から「心の問題」で悩む人たちが来店する駆け込み寺として尽力している。

東洋医学、脳科学、分子栄養学、心理学など、独自の視点からのアプローチで実績を上げている。そのノウハウの一部は、ブログ「こころの相談室」で公開中。

すでにご紹介したように、著書が商業出版されていますので全国からお客様が来店されます。ですから、しつこい営業などするヒマなどありませんので安心してお申し込みください。

※ お名前や住所は必要ありません。完全無料でお申込みいただけます。

※ 繰り返しますが、まずは行動してください。きっと、驚かれると思います。